MENU

男性の薄毛の病的原因は3種類!!原因も治療法も全部違う

薄毛

 

薄毛の治療は何でもかんでも育毛剤を振りかければ治るというものではありません。

 

今回紹介するのは【男性の薄毛を引き起こす3種類の病的原因】です。

 

基本的には放っておいても治らないのでクリニックで治療をしましょう。

 

 

AGA

原因

男性型脱毛症(AGA)といわれ、思春期以降の男性なら発症する可能性があります。

 

日本人のAGA発症率は30%で、欧米人よりは少ないですがアジア人の中では高いほうです。

 

男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼと結合することによって、脱毛を引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)が生成されるのが原因です。

 

AGAは遺伝のものなので、健康とか生活習慣とか関係がありません

 

父親、母親、祖父、祖母あたりに髪の薄い人がいる場合、将来あなたも薄毛になる可能性があります。

 

解決法

AGA専門クリニックと一部の皮膚科で【プロペシア】を処方してもらうことで対処できます。

 

ただし対処療法なので、AGAを治す薬ではなく症状を抑える薬です。

 

ですのでずっと治療薬を飲み続けなければいけないので、金銭的にだいぶ負担がかかるのを覚悟しなければいけません。

 

 

薄毛治療はの難しいところは、抜け毛を止めても勝手には髪の毛は元に戻らないことです。

 

【プロペシア】には育毛成分が含まれていないので、薄毛が進行してしまった人は別の治療の併用が必要となります。

 

円形脱毛症

原因

円形脱毛症は、丸く毛が抜けてしまう病気です。

 

頭髪に症状がでるのが有名ですが、体ならどこでも症状が出る可能性があります。

 

年齢もバラバラで子供から大人まで、年齢は関係はありません。

 

軽度(1ヶ所)の場合は自然治癒ができますが、重度(複数ヶ所)の場合は難しいです。

 

 

原因は、毛の細胞がリンパ球(普段は体に悪い細胞やウイルスを攻撃して体を守る)によって攻撃をされることで起こるとされていますが、まだ本当のところ何が原因なのか特定されていません。

 

解決法

治療が確立していないため、様々な治療法があります。

 

今のところ効果が高いのが

 

・ステロイドの局所注射
免疫機能を抑える成分を注射して、発毛させます。

 

・局所免疫療法
人工的にカブレを起して、発毛させます。

 

・内服薬
ステロイド内服・抗アレルギー薬(第2世代抗ヒスタミン剤)・セファランチン・グリチルリチン、メチオニン、グリシン複合剤

 

・外用薬
ステロイド外用・塩化カルプロニウム外用・ミノキシジル外用

 

脂漏性皮膚炎

原因

脂漏性皮膚炎は、頭皮をはじめ体の毛が生える部分にフケのようなものがでてきて、皮膚の赤みや痒みを起します。

 

原因は「マラセチア」と呼ばれる真菌が繁殖して、皮脂を分解して炎症をおこします

 

マラセチア自体は、普段から皮膚にいる常在菌ですが皮膚の皮脂量や湿度などある条件のもとで繁殖がしやすいようです。

 

解決法

ケトコナゾールという真菌に効果のあるシャンプーでマラセチア菌の増殖を防ぎます

 

シャンプーは皮膚科に行くと処方してもらうことができます。

 

 

マラセチア菌は皮脂を好む為、脂の少ない食生活などを見直さない限りまた再発しやすいです。

 

また皮脂は、ストレス・睡眠不足などでも増えやすくなります。