MENU

プロペシアは他の医薬品で代替できるの?

プロペシアはAGAに対して有効なことが臨床試験でわかっています。

 

でもせっかく【プロペシア】が有効だとわかっても、副作用や体質の関係で【プロペシア】を使うことができない人が少なからずいます。

 

このページでは、【プロペシアの代替品】を紹介します。

 

※プロペシアのジェネリックである【フィナステリド】の主成分は【プロペシア】と同じなので省かせていただきます。

 

プロペシア代替

 

 

サガーロ

2016年から新たにAGA内服薬として加わったのが【サガーロ】です。

 

発売当時では扱っているクリニックは少なかったですが、今では多くのクリニックで使われるようになりました。

 

【サガーロ】の主成分はデュタステリドで、Ⅰ型と2型の5αリダクターゼに作用してAGAによる脱毛抑制してくれます。

 

一方【プロペシア】の主成分はフィナステリドで、2型の5αリダクターゼにしか作用しません。

 

【サガーロ】と【プロペシア】のどちらが優秀かと言えば、臨床試験から【サガーロ】のほうが優秀だということがわかっています。

 

【サガーロ】は主成分が【プロペシア】と異なる為、【プロペシア】が合わなかった人でも【サガーロ】が合う可能性があります。

 

しかし【サガーロ】もいいことばかりではなく、【プロペシア】よりも副作用の頻度が高い傾向にあるので注意が必要です。

 

また【サガーロ】はまだジェネリック薬が出ていないので【プロペシア】よりも高価です。

 

パントスチン

【パントスチン】とは主成分がアルファトラジオールの外用薬です。

 

【プロペシア】などは男性しか使えませんが、効果が緩やかなため男女共に使える医薬品です。

 

性欲減退などの副作用はないので比較的安心して使えます。

 

ただし扱っているクリニックが少ないので探すのに苦労します。

 

大手だと聖心美容クリニックが扱っています。

 

料金も大体一ヶ月1万円ぐらいかかります。

 

ケコトナゾール

脂漏性皮膚炎治療に使われる【ニゾラールシャンプー 】が有名で主成分はケコトナゾールです。

 

今までの紹介してきた薬とちょっと作用するところが違います。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)がAGAの抜け毛の原因です。

 

男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼが結合してしまうとDHTができてしまうので、【プロペシア】などで結合を阻止していました。

 

一方【ケコトナゾール】は、テストステロンを作らせないように作用することで結果的にDHTができるのを防いでいます

 

【ニゾラールシャンプー】自体は扱っているクリニックが多いですが、AGAの治療として扱っているのはかなり少ないです。

 

大手AGAクリニックである【AGAスキンクリニック】では【ドクターバルモ】という名で販売されています

 

毎日使うシャンプーとしては効果が強いので、2日に1回使うのが推奨されています。

 

塗るプロペシア

湘南美容クリニックの【HRアクア】という名の【フィナステリド1mg】と【ミノキシジル6.5%】の成分が入った外用薬です。

 

どうしても【プロペシア】などの内服薬を服用したくない人に人気です。

 

【フィナステリド】の入った外用薬は、日本で数件のクリニックでしか扱っていませんのでとてもめずらしいです。

 

料金は1ヶ月9,800円です。