MENU

AGA治療で外せない治療薬【プロペシア】

AGAの治療をするのにあたってどうしても必須の治療が【プロペシア】です。

 

AGAクリニックなどではいろいろな治療があり、異なったアプローチで育毛・発毛の手助けができます。

 

もし【プロペシア】抜きの治療をしてしまうと、育毛効果はガクンと落ちてしまいます。

 

プロペシアは、どうのような効果があり副作用があるのかしっかりと理解して使うのが重要です。

 

 

プロペシアの効果

毛の周期

 

髪の毛は「成長期」「退行期」「休止期」のサイクルで生えたり・休んだりを繰り返します。

 

AGAの人は成長期が短いので、太く成長する前に退行期に入ってしまい抜けてしまいます。

 

AGAが進行するとどんどん成長期が短くなり、細い毛と休止期の毛が多くなりやがてツルツルになってしまいます。

 

 

ジヒドロステロン

 

「成長期」を短くする困り者のAGAを抑制して健康な「成長期」にしてくれるのが、【プロペシア】です。

 

AGAの原因に深く関わりのある「5α-還元酵素」はⅠ型とⅡ型があり、【プロペシア】はⅡ型のみに効果を発揮します。

 

日本皮膚科学会ガイドライン

 

プロペシア(フィナステリド)は、[2017年日本皮膚科学会ガイドライン]で推奨度Aがつけられていますので、AGA治療ではいかに重要なのかわかると思います。

 

プロペシアの副作用

プロペシアを使う上で知らなくてはならないのは、副作用についてです。

 

市販されている育毛剤などの医薬部外品とは違い、プロペシアは医者の処方箋が必要な医薬品です。

 

効果が期待できる半面、デメリットもあることを承知の上で使いましょう。

 

 

まず副作用の出現率は2%以下です。

 

100人使ったら2人くらい副作用がでる計算で決して多くはありません。

 

注目副作用

肝機能障害

 

AGAスキンクリニックなどでは、薬を飲む前・飲んだあとの2回血液検査をします。

 

飲む前の検査は、薬を飲んでもいい健康的な肝臓か調べます。

 

飲んだあとの検査は、薬の影響で肝機能障害がおきていないかを調べます。

 

薬の影響を気にする人は、AGAスキンクリニックのように2回血液検査を受けられるところをお勧めします。

 

ほかの副作用

性欲減退
射精障害
男性不妊症
乳房が大きくなる
疲れやすくなる
筋肉が弱くなる
皮膚にツヤや張りがなくなる
耳鳴り
肥満になる
感情の起伏が乏しくなる
思考や判断が鈍くなる
自殺したくなる

 

副作用は投薬を止めればほとんど回復するようです。

 

プロペシアの注意点

プロペシアを使うなら覚えておかなくてはいけないルールがあります。

 

自分だけではなく、他人にも影響があるのでぜひおぼえておいてください。

 

投薬中は献血はできません。献血をしたい場合は、投薬から1ヶ月経ってからにしてください。

 

・前立腺がん検査のときは【プロペシア】を使っていることを知らせないと、正しい数値がでない。

 

女性に触らせてはいけない

 

料金

プロペシアの料金について考えることは、とても重要です。

 

なぜならプロペシアは、自由診療のためクリニックによって料金が異なります。

 

福岡では、1ヶ月分6000円~10000円位

 

ずっと継続していかなければならない薬なので、1ヶ月1000円違うだけでも1年で12000円の差がでます。

 

ジェネリック薬について

最近では医療費の削除のため、ジェネリックを推奨されています。

 

メリットは安く効果が同じの一言に尽きます。

 

 

【プロペシア】のジェネリック薬は【フィナステリド】という名前で販売されています。

 

今は3社がプロペシアのジェネリックが販売されていて、名前はみんな「フィナステリド」です。

 

区別するために会社名+「フィナステリド」で表示されることが多いです。

 

フィナステリド錠「ファイザー
フィナステリド錠「サワイ
フィナステリド錠「トーワ

 

海外からの個人輸入とい安いため人気がありますが、偽者も混ざっているということが報告されています。

 

健康のことを考えるなら、日本で承認された薬を選ぶのがいいでしょう。

 

もし個人輸入を考えているなら気をつけてください。

 

料金

福岡でのジェネリック薬の値段は【プロペシア】の値段の1000円~2000円引きの値段が多いようです。

 

特にトーワの「フィナステリド錠」が一番安い傾向があるようです。

 

おすすめクリニック